Loading...
賢者の弟子を名乗る賢者

    2014年6月30日

    賢者の弟子を名乗る賢者 1

    老練の賢者様が美少女に大変身!?

    VRMMOで、九賢者の一人という渋い召喚士「ダンブルフ」としてプレイしていた咲森鑑(さきもりかがみ)は、ゲームの世界へと飛ばされてしまう。しかも可憐な少女の姿となって。このままでは賢者の威厳が失墜してしまう! そう考えた咲森鑑ことダンブルフは、賢者の弟子「ミラ」と名乗るのたが――。美少女転生転生冒険ファンタジー、華麗に開幕!

    2014年11月29日

    賢者の弟子を名乗る賢者 2

    わしかわいい第2弾!!

    九賢者たちを探すべくミラが向かったのは、鎮魂都市カラナック。そこでは大量のゾンビが出没するという異状事態が起きていた。これは賢者の1人が関係しているかもしないと考えたミラは、早速賢者がいるであろうダンジョン、『古代神殿ネブラポリス』へ向かうのだが……。少年タクトと、冒険者エメラを引き連れて、美少女召喚術士ミラの地下迷宮攻略が始まる!!

    2015年5月30日

    賢者の弟子を名乗る賢者 3

    召喚術を駆使して、謎の図書館迷宮に挑め!!

    九賢者の1人ソウルハウルの残した資料をルナティックレイクに持ち帰ったミラは、盟友ソロモンに資料の解析を任せる。そこで、資料を読み解くにはアルカイト王国の地下に存在する、『愚者の脅威の部屋(フール・ザ・ヴンダーカンマー)』を攻略する必要があることを知る。そんな中、当の本人にも超えなければならない試練が近づきつつあった……。

    2015年10月30日

    賢者の弟子を名乗る賢者 4

    冷厳なる大自然を、美少女召喚士ミラが駆ける!

    今度の冒険は森林深く眠るダンジョン「天魔迷宮プライマルフォレスト」。大自然の中をミラが、ケットシーが、縦横無尽に駆け回る!巷で話題の美少女転生ファンタジー第4巻!!

    2016年4月28日

    賢者の弟子を名乗る賢者 5

    美少女賢者の、ぶらり列車旅!

    ソウルハウルの手がかりを求めて、天上廃都へ向かうミラ。今回は、大陸鉄道での旅路である。3階建ての巨大な列車に驚愕し、ますます列車旅にワクワクがとまらないミラ。流れる風景に目を細めながら駅弁を吟味し、駅町の高級旅館を堪能する。そして旅の途中で出会う人々達との一期一会。そんな旅情を満喫するミラに、黒ずくめの怪しい男の影が忍び寄っていった。

    2016年10月28日

    賢者の弟子を名乗る賢者 6

    妖精を脅かす謎の組織キメラクローゼンを追え!

    賢者の弟子を名乗るものからの手紙に従い、指定の地に向かうミラ。そこで待ち構えていたのは、予想だにしない意外な人物だった!更に、妖精たちを恐怖に陥れている『キメラクローゼン』なる謎組織の追求も本格始動し、対抗組織『五十鈴連盟』の総師に会うため本拠地に赴いたミラが見たものとは!?

    2017年3月31日

    賢者の弟子を名乗る賢者 7

    キメラに繋がる痕跡を追え!!

    精霊を付け狙う組織『キメラクローゼン』を追う五十鈴連盟とミラは、 彼らの目的が精霊王にあると確信する。 それは世界を揺るがしかねない危険を伴っていた。 敵の所持品から、本拠地への手がかりを発見したミラは、 召喚術を駆使してアジトに潜入する!

    2017年10月31日

    賢者の弟子を名乗る賢者 8

    ついに決着! キメラクローゼン編!!

    宿敵『キメラクローゼン』により拉致された、事件のカギを握る錬金術師のヨハンを救出するべく、ミラたちは作戦を開始する。 徐々にあきらかになっていく敵の正体。 そしてついには、本拠地の特定に至るのだった。 いよいよ近づく最終決戦。ミラ、カグラ、そして仲間達、全てを総動員して、打倒『キメラクローゼン』に向け動き出す――。

    2018年4月28日

    賢者の弟子を名乗る賢者 9

    賢者の本気――力の暴威が悪魔を襲う!

    「何を考えておるのじゃ、バカナリアが!」 宿敵キメラクローゼンを討ち果たしたミラだったが、それは天使と悪魔、そして鬼をめぐる狂騒の一端でしかなかった。キメラクローゼンに君臨していた鬼姫を生み出したのは、公爵級悪魔である可能性が浮上したのだ。捜査をカグラたちに託し、ひとまずソロモンへの報告のために帰還したミラは、補佐官マリアナと束の間の休息を楽しんでいた。そこへ、元凶の悪魔が、また鬼を復活させようと「封鬼の棺」を狙っていることが発覚。それを叩くべくミラを含めた九賢者四名、そしてソロモン自ら剣を取り、現状最大戦力で挑む!

    2018年11月30日

    賢者の弟子を名乗る賢者 10

    いよいよ十賢者の一人、ソウルハウルの足取りに王手がかかった。満を持して、ミラは彼の目的地である古代地下都市に向かう!

    ソウルハウルの残した痕跡から、彼の次なる目的地であろうダンジョン『古代地下都市』に足を踏み入れたミラ。 そこは七つ層でできた、かつて古代人が生活していたとされる廃都である。 層ごとにがらりと変わる景観に心躍りながらも、ゲームでの知識と召喚術を駆使し難解なギミックを解いていくミラだったが、思いがけず神話級の大物と遭遇してしまう。 その圧倒的な暴威の前にミラの召喚術は通用するのか!?

    2019年5月30日

    賢者の弟子を名乗る賢者 11

    最下層の階段を下りると、そこはSFな世界でした――

    ついにソウルハウルと出会うことが出来たミラだったが、邂逅の余韻に浸る暇も無く、強敵「マキナガーディアン」との戦闘に突入する。 ゲーム時代は九賢者総動員で討伐にあたったほどのレイドボスである。しかもマキナガーディアンは、ゲームのときとは異なった高度な学習機能を有しており、パターンに嵌めることもままならない。そんなピンチに『巨壁』と『軍勢』のとった戦術とは……。