Now Loading...
「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい 著者:kiki/イラスト:キンタ 呪いが祝福へと変わるときその絶望は反転する――
「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい
「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい3
「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい
「……私、生きてていいんだ」能力値ゼロという身でありながら勇者パーティに選ばれてしまったフラム。唯一持っているのは“反転”というよく分からない能力。案の定、戦闘ではまったく役に立たなかったが、それでもめげず、健気にパーティのためにと働く彼女を、天才として名高い賢者のジーンは疎ましく思い、ことあるごとにいびり続け、ついには強引に奴隷商に売り払ってしまう。その奴隷商会でも虐げられるフラムは、あげく余興として凶悪なモンスターの餌食になろうとしていた。だが、手にしたが最後、身体を溶かしてしまう『呪いの大剣』を手にした瞬間、彼女の人生は急激に反転する。
「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい
フラム・アプリコット:自身の属性“反転”の影響で全てのステータスが0になっている少女。そんな戦力にならない身でありながら勇者パーティに選ばれてしまった。その無能力さからパーティメンバーの一人に忌み嫌われ、あげく奴隷にまで落とされてしまう。 ミルキット:フラムが奴隷に落とされた先で出会った、顔を包帯でぐるぐる巻きにした少女。物心付いた時から奴隷として扱われており、そのため姓は与えられていない。自己肯定感がまったくなく、もはや絶望すら感じていない。 キリル・スウィーチカ:希少属性“勇者”と高いステータスを持ち、お告げにより魔王討伐の旅に出ることになった少女。ホームシック気味だった彼女は、フラムのおかげで救われていたのだが……。 ジーン・インテージ:勇者パーティの一人で賢者である男。希少属性である“自然”を所有しており、火・水・風・土の四属性魔法を使うことができる天才。自分勝手かつ独善的な性格で、フラムを逆恨みし騙して奴隷商に売りつけた。 エターナ・リンバウ:外見年齢はフラムとそう変わらない程度で、髪は水色で長髪、不思議な白いボディスーツに、
頭には魔女っぽい黒のエナン帽という、奇妙な格好をした魔法使い。性格はおっとりマイペースな女性。 セーラ・アンビレン:オリジン教の修道女。正義感が強くまっすで天真爛漫な少女。しかしその能力は高く、メイスでの肉弾戦から回復場法までこなす。
「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

novel

「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と
勇者パーティを追放されたので、
王都で気ままに暮らしたい 1

呪いが祝福へと変わるときその絶望は反転する――

著者:kiki   イラスト:キンタ

能力値ゼロという身でありながら勇者パーティに選ばれてしまったフラム。
唯一持っているのは“反転”というよく分からない能力。
案の定、戦闘ではまったく役に立たなかったが、それでもめげず、
健気にパーティのためにと働く彼女を、天才として名高い賢者のジーンは疎ましく思い、
ことあるごとにいびり続け、ついには強引に奴隷商に売り払ってしまう。
その奴隷商会でも虐げられるフラムは、
あげく余興として凶悪なモンスターの餌食になろうとしていた。
だが、手にしたが最後、身体を溶かしてしまう『呪いの大剣』を手にした瞬間、
彼女の人生は急激に反転する。

amazon BOOKWALKER

「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と
勇者パーティを追放されたので、
王都で気ままに暮らしたい 2

日常は“怪異の目” により反転する――

著者:kiki   イラスト:キンタ

冒険者ギルドを牛耳るデインたちとの諍いは、日に日に過激さを増していた。
そんな中、目を包帯で覆った少女――インクと出会う。
彼女がデイン一派のゴロツキに襲われていたところをフラムが救ったのだ。
その包帯の下の“縫われた両目”に不穏なものを感じつつも、
天真爛漫な彼女に心を開いていくフラムとミルキット、そしてエターナ。
だがその裏で、崩壊の序曲が今まさに始まろうとしていた――。

amazon BOOKWALKER

「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と
勇者パーティを追放されたので、
王都で気ままに暮らしたい 3

それは一見、死の悲しみから解き放たれた楽園だった――

著者:kiki   イラスト:キンタ

「覚悟、できてる? できてなくてもやるけどね」

フラムの元パーティメンバーであり、今は剣技の師でもあるガディオの前に、
死別したはずの妻――ティアが、生前の姿そのままに現れた。
それは敵対するオリジン教の螺旋技術研究の一つで
「ネクロマンシー」と呼ばれるプロジェクトの成果であった。
彼らは自分たちの研究が、
大切な人を失った悲しみから人類を解放するためのものだと力説する。
その言葉を信じきれないフラムは、自身の目で真実を確かめるために、
彼らの研究施設へと乗り込むのだった。

amazon BOOKWALKER

「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と
勇者パーティを追放されたので、
王都で気ままに暮らしたい 4

呪いが祝福へと変わるとき、その絶望は反転する――

著者:kiki   イラスト:キンタ

大好きな仲間であったフラムが
パーティからいなくなったことを後悔しつづける勇者キリルは、
賢者であるジーンがフラムに行った悪辣な所行、
そして螺旋が蠢くマリアの姿を目撃し、
絶叫とともに城を抜け出し街へと飛び出した。
彼らは自分たちの研究が、
大切な人を失った悲しみから人類を解放するためのものだと力説する。
そして行く当てもなく彷徨った先でミュートと名乗る少女に出会う。
その邂逅はさらに悲劇へと物語を加速させる。
そして王都は混沌のバースデイを迎えるのであった。

amazon BOOKWALKER

comic

「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と
勇者パーティを追放されたので、
王都で気ままに暮らしたい THE COMIC 1

奴隷少女は絶望を“反転”させる――

著者:南方純   原作:kiki   イラスト原案:キンタ

“反転"という能力のせいで、一般人よりもさらに非力なフラムは、
何故か神のお告げで勇者パーティーに選ばれてしまう。

当然戦闘では役に立たなかったが、
皆の身の回りの世話を頑張り、パーティを支えていた。

だがそんな姿を疎ましく思った賢者のジーンは、
彼女をいじめ続けたあげく強引に奴隷商へと売り払ってしまう。

そんな、何もかもが絶望に彩られた世界で手にした『呪いの大剣』。
それがフラムの、そして売られた先で出会った奴隷少女ミルキットの運命を、
大きく“反転”させる――

amazon comicride